第5話【妻を泣かせた日】

第5話【妻を泣かせた日】

こんばんわ、Kです
今日は第5話目となります
前回は不倫という関係を終わらせるべく
Yと話し合いをしましたが、結果、聴き入れてもらえず
事態は深刻さを増していきました

今日はそのあとの話です
わたしは遂に妻に不倫という事実が知られてしまいます
これもまた運命のような出来事でした

妻は使用しているケータイをトイレで水没させてしまい
修理を出すことにし、
わたしのケータイを貸して欲しいと言ってきました
わたしは何も考えずに妻にケータイを渡してしまったのです

わたしが何食わぬ顔で寝ていると
妻はわたしに「この写真なに?」と言ってきました
そこにはYの写真、2人でいる写真が・・・
わたしは全く気付いてなかったのです

写真を撮られていること
それを勝手に保存していることを・・・

「いや、それは違うんだよ」と言い訳を言いかけて
素直に白状することにしました

いつから?何回寝た?裏切者!嘘つき!
なんで?どうして?
家族の顔を思い出さなかったのか!?
と物を投げられ、怒号を浴びました

わたしはそこで目が覚めたのです
自分のしたことを後悔しても遅い、
いけないことをしてしまったのだと・・・

妻は怒りと悲しみで目に涙が溢れていました
わたしは「本当に申し訳なかった」とただひたすら
謝りました

妻はわたしに聞きました
「それであなたは今後どうしたいの?」
わたしは答えました
「出来るなら1から君とやり直したいです」

「分かった、今までのこの3か月間を詳しく教えて」
わたしは洗いざらい話しました
妻は泣きながら話を聞いていました

この時の妻は冷静だったと話しています
「じゃあ明日きちんとYと話しつけてきて!」
と言ったので「分かりました」
と返し、この日は就寝しました

いよいよ不倫がバレ、Yと断ち切る事になりました
次回はまた続きを書いていきたい思います

読んでくださりありがとうございますm(__)m